買取不可な電動工具とその処分方法

電動工具は中古品の市場も需要はありますが、電動工具の買取業者では、どんな電動工具でも買取可能な訳ではありません。
ではどのような電動工具が買取不可になってしまうのか紹介していきます。

買取不可の電動工具について

電動工具はプロ用ともなれば、パワーが強く作業効率を上げてくれるので、現場では大活躍しています。
しかし通常は屋外の現場で使用されるので、電動工具はダメージを受けやすく消耗が激しいと言えます。
電動工具の部品のモーターやバッテリーも、消耗劣化していくため、日々しっかりとメンテナンスを行っていても、長期間使用出来るものではありません。

またパワーのある電動工具を人の手で使用する訳です。
誤作動が生じたら大変な事になってしまいます。
なので電動工具に求められるのは、安全性だと言えるでしょう。

ダメージが激しく、安全性が重視されるという点から見ても、あまり中古品向きではありませんよね。
そのため買取可能な状態とは、とにかく状態がいいものでなくてはいけません。
なので故障しているモノは論外ですし、状態が悪いもの、年式が古いもの、マイナーなものも買取不可になる可能性が高いと言えます。

ダメージが少なく、購入したばかりでほとんど使用されていない、そんな電動工具であれば高価買取になるでしょう。
また買取不可のメーカーもあるので、買取はほぼ人気メーカーのみと考えておいて下さい。

買取不可になった電動工具はどうする?

では買取不可になった電動工具は、どう処分すればいいのでしょうか?
ゴミの処分の方法は、自治体によって異なります。
ですが電動工具の場合は、ほとんどの自治体で処分するのにお金を払う必要があります。

お金を払って処分するぐらいであれば、無料で処分してもらえる業者に回収してもらう事をオススメします。
家電回収を無料で行っている業者の中には、家電に電動工具も含まれるところもあります。
ただし家庭用電動工具だけなのか、それともプロ用も回収可能なのか、事前に確認をしてから利用して下さい。

関連する記事